• 〒299-0245 千葉県袖ヶ浦市蔵波台4-20-9
  • 駐車場28台完備
  • 0438-38-3315

小児皮膚科

小児皮膚科

一般皮膚科

小児皮膚疾患の診療を行います。
患者さんだけでなく、保護者の方も安心できる診療を心がけますのでお気軽にご相談ください。

小児によく見受けられる代表的な皮膚疾患(例)

  • 乳児湿疹
  • オムツ皮膚炎
  • とびひ
  • 小児アトピー性皮膚炎
  • 水いぼ
  • ウイルス性発疹症
  • あざ

乳児湿疹

生後2~3ヶ月まではホルモンの影響で皮脂が過剰分泌され、脂漏性湿疹が頭・耳・脇の下によく出現します。一過性の症状ですが、洗浄・保湿で改善しない場合は抗真菌薬やステロイド塗布が必要です。皮脂分泌が減少しても、頬・首の擦れる部位や蒸れる部位などには湿疹がよく出現し、適宜ステロイド塗布を行います。

オムツ皮膚炎

オムツで皮膚が蒸れたり、お尻を拭くときの摩擦などで皮膚バリア機能が低下します。そこに便や尿の刺激が加わると皮膚炎が生じます。清拭・保湿・亜鉛華軟膏・ステロイドにより治療を行います。ご家庭で実際に行って頂く、お尻の拭き方などもご説明します。

とびひ

湿疹や虫さされを掻きむしった指で体の色々な場所を触り、指を介して細菌が全身に広がることを火の粉が飛び火する様子に似ていることからとびひと言います。抗菌薬外用や内服で治療します。かゆみのコントロールには抗ヒスタミン薬を内服します。

袖ケ浦メディカルクリニック
院長
吉川 俊輔
診療内容
総合診療・総合内科、総合外科、皮膚科
住所
〒299-0245 千葉県袖ヶ浦市蔵波台4-20-9
TEL
0438-38-3315
最寄駅
  • JR内房線「長浦駅」よりバス
  • 【長05(小湊)】袖ケ浦バスターミナル行「蔵波台六丁目」下車徒歩3分
駐車場
28台
総合診療・皮膚科
診療時間
9:00
-13:00
15:00
-18:30

:土曜日の診療時間は9時-12時、14時-17時です。
皮膚科専門医(女性)外来は、火・木:11時-13時,15時-17時 土:9時-12時です。
皮膚科専門医不在時、皮膚科は院長診察です。
診療終了時間の15分前で受付を終了します。

0438-38-3315
このページの上へ